日本カトリック女性団体連盟(日カ連)とは

nikkaren・日カ連は、1974年6月に創設されました。これは世界カトリック女性団体連盟(WUCWO)に準加盟していた横浜カトリック婦人同志会が、WUCWOからの要請を受けて、日本カトリック司教協議会の了解のもと、全国的なカトリック女性の使徒職団体として「日本カトリック婦人団体連盟」(日カ連)を創設しました。(93年に女性団体に改名) ・初期から日本カトリック司教団の信徒使徒職司教協議会の基に活動してきた日カ連でしたが、2000年5月に司教協議会は機構改革を行い、信徒使徒職司教協議会を解散しました。司教団の傘下でなくなった直後、日本カトリック司教委員会の公認団体としての認可をいただき、活動を継続し41年目を迎えています。1996年には、全16教区18団体が加盟、現在、9教区10団体が加盟。             カトリックの女性団体で加盟を希望される団体は、所属教区の司教様の許可をもって日カ連事務局へ申請してください。