熊本カトリック女性の会

西原村の棚田で、湧水水源を活用した米作りをお手伝い!

*一列になっては~~い!


*おっとっとっと! 

    

*きれいに並んだ苗。ご苦労様でした!

団体の正式名称:熊本カトリック女性の会

  1. 代表名・理事名・指導司祭
    代表:会長:白木 一子 (2016年7月1日より)
    理事:ジョンソン伸子
    指導司祭:Harry  O’CARROLL オッカロール神父(八代教会主任)
  2. 所在先
    総会関係用連絡先住所:カトリック武蔵ヶ丘教会内
    〒860-0845
    熊本市北区武蔵ヶ丘7−1−103
    FAX:096−339−8979
  3. 簡単な歴史・特記すべき特徴・自慢したいこと
    2005年4・24 熊本女性の会発足
    2007年 日カ連第33回総会開催市内5教会の婦人会からなる合同婦人会を引き継ぎ、現在は県下10教会の女性の会をつなぐ会となっている。花岡山殉教際、生命尊重講演会、熊本県初のみこころ病院ホスピス病棟支援バザー、小さな命を守るエンブリオ基金活動など、家庭、召命、いのちに自分たちの活動で向き合ってきた。

2016年4月14日21時26分からの熊本カトリック女性の会             会員たちも被災者でありながら、常に「今、支援が必要な人々」の目線で活動。そして1年。教区の支援室や地元の教会も一緒に支援活動が始まっています。女性の会としてだけの活動を一旦休止します。全国からの熊本女性の会への援助を感謝いたします。 西原村の自立した姿を見ていただくために、また、新たな復興の支えを考えるために、この梅雨が空けましたら「西原村ツアー」を企画したいと思います。その頃は、きっと広がる畑に青々と稲がなびいていると思います。待っていてください。